顎変形症や顎関節症でお困りの方はご相談ください。

自己紹介

2018/08/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
理学療法士として働く中でアゴで悩む人の多さに気づきました。 顎や顎周りの痛みや動かしにくさなどで悩む人は多いが、”治療してくれる場所がわからない”、”治療してもらえない”そんな人達の力になりたいです。
詳しいプロフィールはこちら

都内で理学療法士として勤務しているもっちーです。

 

 

 

 

日本は顎関節症に対する治療が遅れており、多くの人が困っている人がいます。

治療できる場所も少ないです。

 

なので、顎について勉強し始めました。

 

その中で、

・顎の痛みがコントロール可能である事

・日常生活での行動や姿勢、動作が大きく影響している事

・全身との関連が強い事

・筋肉や筋膜の影響が大きい事

 

などを実際の患者さんを治療する中で感じ、

理学療法士の知識や技術を使って力になる事が出来ると感じています。

 

 

基本的には

・顎を含めた全身状態の評価

・日常生活の評価(顎にどの様な負担がかかっているか)

・日常生活指導

・自主トレ指導

・全身や顎周囲の筋肉や筋膜、関節に対する施術

 

などを行うことができます。

 

少しでも力になる事ができれば幸いです。

 

気になることがありましたら気軽に相談してください。

 

相談はどこまでしても無料です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
理学療法士として働く中でアゴで悩む人の多さに気づきました。 顎や顎周りの痛みや動かしにくさなどで悩む人は多いが、”治療してくれる場所がわからない”、”治療してもらえない”そんな人達の力になりたいです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 理学療法士が書くアゴの話 , 2018 All Rights Reserved.